秋桜

中野/秋桜
(03−3380ー8366)

分類=リラクゼーションサロン
最終潜入日=2007年05月〜07月頃の某月某日
通算潜入回数=01回
看板=有り(電話してからの来訪が賢明)
情報ソース=HP有り(初回は徘徊時に発見し潜入)

〜極私的10段階評価〜
<店>
値段=8(全身蒸しタオルコース60分6000円)*超激安早朝割あり
立地=8(JR中野駅南口から徒歩3分)
接客=8
設備&清掃=7
<施術者>
マッサ=9
フェロモン=6
人柄=9
ビジュアル=7
(注)最終潜入時の多村の個人的評価です(平均値ではありません)。

<短評>
私には、心の中に空想上の師匠がいる。
師匠はとても厳しい人で、いつも私にこう説教するのだ。
「登志男! お前は乞食になってもいいが、情報乞食にだけはなるな!
情報乞食は即、破門だ!」
・・・つまり師匠は、私がエステ・マッサージに行きすぎて金がなくなり、
その結果として、乞食になるのは構わないが、
情報クレクレ君にだけはなるな、そんな恥ずかしい真似をしやがったら、
即、マッサーGメンから破門する! と凄い剣幕で私を諭すのである。
いつも、いつもである。
この4〜5年、私は起きてる間中、師匠に叱咤され続けているのだ。
さてこのお店は、中野を徘徊中に発見した。
実は「回家」(未潜入)の場所を確認するために出向いたのだが、
ビル入り口に、キャバクラ?の呼び込みお兄ちゃんがいっぱいいて、
参ったな、こりゃひどく入りにくいにゃー、と思っていた矢先だった。
すると心の師匠がいきなり登場、目の前の秋桜の方に入れと言う。
電話をして店に入ると、超真面目そうな小姐が担当になった。
エロさはかけらも無いが、マッサ馬鹿ウマで、超満足!
さすがは師匠! と改めて尊敬の念を新たにした次第である。
ちなみに「回家」は、某店主さんブログによれば閉店するとかしないとか。
う〜ん、あれは確かに相当お客は入りにくいと思いました。
ご同情申し上げます。--

【2007/07/28 13:54】 中野 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) top>>

ワーリンナー

錦糸町/ワーリンナー
(03−5638ー6233)

分類=タイ古式マッサージ
最終潜入日=2007年05月〜07月頃の某月某日
通算潜入回数=07回
看板=有り(電話してからの来訪が賢明)
情報ソース=HP有り(ワイワイタイランド、その他)

〜極私的10段階評価〜
<店>
値段=12(120分7300円)
立地=7(JR錦糸町南口から徒歩5分)
接客=7
設備&清掃=8
<施術者>
マッサ=9
フェロモン=6
人柄=8
ビジュアル=6
(注)最終潜入時の多村の個人的評価です(平均値ではありません)。

<短評>
約4年前、錦糸町を徘徊中、ラブホの裏にこの店を発見し、初めて入ったときの驚きを
今も鮮明に覚えている。
いわゆるソフト風俗(昔の韓国エステ)からマッサの世界に入った私にとって、
60分4200円(120分は7300円!)という値段は、
驚き以外の何物でもなかったのだ。
そして、ヌキとか性器へのダイレクトマッサが無くても、
マッサージというものは本当に気持ちがいいものなんだ、ということを理解できる
ようになったのも、ここに行ったことがひとつのきっかけになっていると思う。
お店の人には本当に申し訳ないのだが、ここの安くて上等なマッサを受ける度に、
私は「ああ、陰茎は身体の一部なんだなー。睾丸と身体は繋がってるんだなー」
と、つくづく深く感じ入ってしまうのである。
そして、このペースで考えが進化していくと、最終的にはマッサとセックスの区別が
つかなくなるんだろうなー・・・。
そんな風にぼんやりと考えている私である。

【2007/07/27 13:47】 錦糸町 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) top>>

エンドレスタイム

新宿/エンドレスタイム
(03−5291ー1440)

分類=デリバリー型回春エステ
最終潜入日=2007年05月〜07月頃の某月某日
通算潜入回数=01回
看板=無し
情報ソース=HP有り(ナイトネット、その他)

〜極私的10段階評価〜
<店>
値段=6(60分12000円+ホテル代3000円)
立地=9(新宿・職安通り付近から電話)
接客=8
設備&清掃=*
<施術者>
マッサ=6(回春マッサに限れば、9)
フェロモン=8
人柄=9
ビジュアル=6
(注)最終潜入時の多村の個人的評価です(平均値ではありません)。

<短評>
超ユニークなお店である。
蒲田の大黒堂や池袋の快生堂と同じく、デリ型回春店なのだが、
局部マッサに徹底的にこだわったコンセプトが面白い。
もしかして私のブログ読んでますか? というぐらいの勢いで、
局部のツボを押す、揉む、擦る、叩く、捻る、引っ張る、しごく・・・、
ありとあらゆる手技が局部を集中砲火する(笑)。
後半は「早漏改善ストレッチ」とのことで、**をとことん責められる。
なるべく我慢してくださいと言われたが、これで出すなと言われても、
それはチョットいくらなんでも無理なのでは?(笑)
のたうち回って堪えたが、溜まっていたこともあり、
あえなく**(一応、私は早漏ではないと言ってもらえた・爆)。
しかも出た後まで容赦なく責められ、さすがの私も悶絶タップ。
放心状態のまま時間いっぱいまで腰を揉んでもらったが、
ふらふらにされてしまった。
再訪必至だが、気力体力精力が充実していないときは逆にちょっとキツイかも(笑)。
施術中のセラピストの嬉しそうな表情が印象的だった。

【2007/07/26 15:12】 新宿 | TRACKBACK(3) | COMMENT(6) top>>

ナーリクラブ

大久保/ナーリクラブ
(03−5386ー8598)

分類=タイ古式マッサージ
最終潜入日=2007年05月〜07月頃の某月某日
通算潜入回数=20回
看板=有り(電話してからの来訪が賢明)
情報ソース=HP有り(満蘭東チュポ、Aーside、その他)

〜極私的10段階評価〜
<店>
値段=10(ナーリコース60分8000円)
立地=9(JR大久保駅北口から徒歩1分)
接客=7
設備&清掃=7
<施術者>
マッサ=8
フェロモン=8
人柄=8
ビジュアル=6
(注)最終潜入時の多村の個人的評価です(平均値ではありません)。

<短評>
ここにはかなり長いこと通っているが、常々不思議に思っていることがある。
時間/料金の関係である。
60分/8000円、90分/13000円、120分/16000円
なのである。
ご近所にあるムアンタイも同じ料金体系なのだが、
どう考えても、90分/13000円が一番損なのだ(笑)。
60分/8000円、90分/11500円、120分/15000円。
私が思うに、普通はこのようにならなければおかしい。
最低でも、90分は12000円だろう。
だから私は本当は90分〜120分やりたいときでも、
ここではほとんど60分専門の客として今日に至っている。
(よく考えたらこの内容だったら、90分/13000円でも決して高くはないのだが・笑)
失礼ながら、私はこの料金体系を考えた人は算数があまり得意ではない
のではないかと、創業時以来ずっと思い込んでいたのだが、
最近はちょっと考えを改めた。
理由は分からないが、これにはきっと何か意図があるのだ。
どんな意図だかは、さっぱり分からないのだが・・・。
そしてその謎が解けるまで、きっと私はここに60分で通い続けるのだろう。
「えっ、これで60分/8000円? 素晴らしい!」
20回中10回ぐらいそう思ったこともちゃんと付記しておきたい。

【2007/07/25 11:49】 大久保 | TRACKBACK(0) | COMMENT(10) top>>

上野/嵐
(03−3835ー8191)

分類=リラクゼーションマッサージ
最終潜入日=2007年05月〜07月頃の某月某日
通算潜入回数=01回
看板=有り(電話してからの来訪が賢明)
情報ソース=HP有り(エステNAVI、その他)

〜極私的10段階評価〜
<店>
値段=8(全身リンパコース100分10000円)
立地=8(地下鉄東京メトロ上野駅1番出口から徒歩2分)
接客=9
設備&清掃=7
<施術者>
マッサ=5
フェロモン=7
人柄=8
ビジュアル=7
(注)最終潜入時の多村の個人的評価です(平均値ではありません)。

<短評>
私は自分がかなり嬢運の良いタイプだと思うが、この日はイマイチであった。
マッサがヘタな(合わない)小姐に当たってしまったのである。
ただおそらくだが、この小姐、攻め好きな人にとっては大当たりだと思う(笑)。
実際攻めてもいないくせに、イイ加減なことを言うな! と怒られそうだが、
まあ私も一応この道一筋10何年の男なので、そんなに外してはいないと思う。
こういう若くて、美人ではないが可愛らしいポッチャリちゃんで、
従順な性格で、わざと隙を作っているとしか思えないほど隙だらけのコは、
経験上、ほとんどそうなのだ(誰でも分かるか・笑)。
そういう意味では、必ずしもハズレを引いたわけではないのだが、
今の年老いた私には合わなかった、という話である。
風情はあるし、30分近くも時長してくれた良心的なこのお店、
必ず再訪すると思うが、今度はベテランさんを頼もうと思う。
<注>にゃんこが苦手な人には向かないと思います(笑)。

【2007/07/24 10:57】 上野 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) top>>